Minimal functional hair better

コスメティクスパーマ
(スタンダードカールウェーブ)


■最小限の力で施す髪質に合わせた薬剤で継続的な施術が可能になりました■

分子量が小さく毛髪内部に浸透しやすい毛髪軟化成分を採用。
毛髪を必要以上に膨潤させずにパーマをかけることができるようになり、繰り返しの施術も可能になりました。
4種類の薬液から髪質に見合ったものを使用し、
髪質に最小限の力で弾力ある状態のウェーブやカールを形成します!

〜アルカリゼロパーマ〜
(プレミアムカールウェーブ)

「アルカリ」が髪のダメージを作り出す?
一般的なヘアカラーやパーマ剤は、アルカリ性です。
今までの薬剤は、アルカリで髪を膨潤させなければカラーは明るくならず、パーマはウェーブも作れませんでした。
それにより、髪はダメージを受けていました。
ダメージレスの手がかりは「アルカリ0ゼロ」だったのです。

日本発の新還元剤
「スピエラ」
化粧品名 ブチロラクトンチオール

γーブチロラクトンとメルカプト基で反応させて作った新しい還元剤(パーマ1剤)です。
水と油どちらとも親和性があり、浸透性のある還元剤です。
特徴はpH4の酸性で、世界初の還元剤として昭和電工が「スピエラ」を開発。
髪のダメージに関係なく、pH4〜5.5の等電点で作用し、やわらかくしなやかな仕上がりです。
繰り返し施術による毛髪表面の比較をしてもスピエラはキューティクルのリフトアップをを認めず、
施術をしていない未処理の状態とほとんど変わらないのも特徴の一つです。

パーマの一番大事な部分はやっぱり土台となるベースカット。
パーマをイメージした特別なベースカットとパーマで『動き』や『ボリューム調整』や『遊び感』ある個性的なスタイルを!

パーマは「こんな感じにしてみたい」というようなイメージが重要です。なんとなくかけてみたいという感じだと思い通りのスタイルにならないことが多いです。イメージ画像や写真、切り抜きなどご用意していただけると幸いです。



webpm.jpg